預り金を確認する

法律では預かり金となっている

賃貸物件を探しているときには、不動産会社の中に申込金というお金の支払いを求めてくることろがあります。 この申込金は、賃貸の申し込みを行う際に支払うので必ず支払わなくてはいけないと誤解している人も多いのです。 しかし、法律上では申込金は不動産会社に対して預ける単なる預かり金としての役割しか存在しません。 預かり金というのは、賃貸で言えば敷金と同じ役割を持っていることを意味します。 不動産会社に対して預けておくだけのお金であるため、賃貸の申請をした人間から返還の申し出があったときには必ず返さなくてはいけません。 この返還の規定に関しても法律できちんと明記されているため、不動産会社は要求されたときには拒否してはいけないのです。

自治体でも返還を求めている

申込金の受け取りに関しては、昔から多くのトラブルの元になっていました。 そのため、申込金に関しては受け取ることそのものを拒否しなくてはいけないと考えている自治体も登場しています。 こうした自治体の元では不動産会社は申込金を受け取ることすらできません。 そもそも、不動産会社は申込金などを貰わなくても別の支払金によって多くの利益を得ることができます。 仲介を行っている不動産会社が賃貸物件を提供しているのならば、礼金なども全て受け取ることができるのです。 従来までの規定や賃貸の考え方は、どうしても不動産会社にとって有利なものが多かったのですが近年は変化が見られます。 余計なお金を支払わなくても良くなっているため、安全に賃貸借契約を締結できるのです。