ペットと住む

ペット共存型マンションの登場

世の中にはペットを飼いたいという傾向は強く、犬や猫などを室内で飼ってマンションに住みたいと考える人は大勢います。そういう人たちにとって賃貸マンションを借りるというのはしばしば難しくなります。隣人関係においてトラブルの元となることがあるため、ペットを不可としている賃貸マンションも多いからです。 そういった状況を打開すべく、ペット共存型のマンションも登場してきています。ペット可のマンションとは異なり、ペットを飼うことが前提となっているマンションであり、そのための便宜が図られています。特に入居の際にはペットを愛好する人であることを確認する審査が行われることもあるほどです。それ以外の契約手続きは基本的には通常の賃貸マンションと同様にして借りることができます。

ペットがいることが前提になることによる人気

ペット共存型マンションがペット愛好家の間で人気が高いのは、そのマンションの中ではペットがいるということが常識としてとらえてもらえるという点です。ペットが鳴き声を上げたりしてしまっても目くじらを立てる人もいなければ、それを理由に苦情を上げる人もいないのです。また、ペットを通して隣人との交流を図ることもできることから、概して円満な隣人関係を作りやすいというメリットがあるのです。 当初は分譲マンションに登場してきたペット共存型マンションも、賃貸マンションとしても登場するようになってきており、賃貸生活をする人たちからも人気を集めるようになりました。ペットがいても構わないというスタンスのペット可の物件とは異なり、ペットがいることが歓迎されるマンションであるため、気軽に契約の申し込みができ、快適に住むことができるからです。